SHIINBLOG

20代前半からの資産運用〜投資と副業で億り人へ昇りつめるまでのブログ〜

資産運用を計画的に行い、将来億の資産を築き上げることが目標です。このブログでは資産運用の大切さとその記録を書いていきます。ただ、投資は必ず自己責任でお願いします。

技術力や労働力は友人関係を結ぶと崩壊すると思う。

先日、同僚に結婚式のムービー製作を手伝って欲しいと言われ、現在iMovieを使用し、二人のヒストリー的なムービーの製作をしていますが、非常に苦戦しております( ;´Д`)

 

というのも、普段職場でパソコンをいじっているから詳しそう!という理由だけで、僕がムービーを製作することになったわけですが、当初はそれも快く引き受けました。

 

正直iMoveなんて動画製作ソフトを僕は使ったこともなく、ムービー製作自体が初めてなので、全て独学で調べ製作しているのですが、完全に無償でやっています。

別にお金を取ろうとは微塵も思っていませんが、この作業をやっていて思ったことを書かせて頂きます。

 

友達だから〜で全て済ましてはいけない

もちろん友人同士では技術や労働力のやりとりが無償で行われるケースも多いでしょう。僕も今回完全無償でやってますし、特に見返りは求めていません。しかしながら、それはやはり二人の関係性によって変化すると言えます。

 

例えば、高校時代の友人から6〜7年ぶりに連絡がきて「パソコン得意だったよね?ホームページ開設したから、HTMLとかCSSとか綺麗に配列し直して欲しいんだけど」と言われたらどうでしょう?

これを二つ返事でOKするならば、その人はよほどパソコンが得意かその人に恩があるか、イエス・キリストのような心の持ち主でしょう。

f:id:FX-Trader-Takayuki:20170718233940j:plain

 

 

まあ、おおよそ一般の人はえ?タダでやるの?」と言う、もしくは思うのではないでしょうか?ちなみに、僕はそれが普通だと思っています。しかし、これを言うと「いいじゃん、友達なんだからさ!」というお願いする立場でありながらタダで手伝うのが当たり前だろと言わんばかりの発言をする輩がいます。

 

僕は彼らがお願いしている相手の技術力・労働力の価値に気づいているとは思えません。技術力はお金になるのです。普通に考えたらわかることです。

しかし、ひどい話では「お前FXでトレードするときに、俺のお金渡すから同じエントリーしてその分で出た利益だけ俺にくれない?」と言う話を持ちかけられたことがあります。

損を出したら請求こそされないとは思いますが、おそらくこの人は怒るでしょう。「まさか損が出ると思わなかった」と。

それに僕がこれをして何の意味があるのでしょうか?僕に無料の投資信託をしろというのでしょうか?動かせる資金は増えるかもしれませんが、その一部は常に彼のものなので、僕にとってはメリットはありません。おそらくこれを引き受けると彼との関係は悪化する可能性が高いと言えます。

 

普通ならこれはあり得ないことですが、この待遇を友人関係という単語一つで可能にしてしまう恐れもあるでしょう。

 

やはりどんな友人であっても適度な距離感を

金銭がらみでは貸し借りに対して謙虚さを持つ方が多いですが、どうも技術力や労働力は軽視される傾向にあると思います。

場合によっては技術力は相当な価値を生み出すこともあるので、やはりタダで仕事を依頼するというのなら、相当な関係性か、こちらも何か代償を支払うべきでしょうね。タダより怖いものはないとはよく言ったものです

 

今回はこの辺で終わります。

ご購読ありがとうございました(´∀`)

 

PS:特に今回のMovie製作が嫌だと言っているわけではないのでその辺はご理解をお願いします(笑)