スロットの台打ちを30人以上雇っている平桐君(仮名)の話〜ニートの彼から学んだこと〜

今回はタイトルの通り、スロットの代打ち人材をまるで軍隊のように保有している平桐君の話をしたいと思います。

個人的にはニートの彼の生き方は非常に参考になっています。

 

・平桐軍団について

まずは平桐軍団について。

平桐軍団の構成メンバーはおおよそ30人を超える。

ただ、メンバーの出入りが激しい時は人数も激増、激減するし、仕事している人が多いので急な連絡に対応できる人材が不足しがちな場合が多い。

それでも多い時には、朝の整理券を取る時に「え?何人並んでるんだ?」というくらいに彼の息のかかった人がいる。

 

僕らはこれを平桐軍団と呼ぶ。

ちなみに店員から「平桐海賊団」とか「イスラミック平桐」とか、異名をつけられてしまうぐらい。(まあ店からは嫌われるわなw)

f:id:FX-Trader-Takayuki:20170629141107j:plain

 

さらに平桐軍団は入れ替わりの激しい中で、初期メンバーとして残っている者、都合よく参加してくれるメンバー、一日フル稼働で台をぶん回してくれるメンバーなどは謝礼金も上がり、幹部システムまである。

幹部にまで上り詰めると、実際に彼の資金を運用してメンバーを配置し、代打ちに稼働してもらうことや、収支データの記録、台のデータのチェックなどプレッシャーはかかるが、謝礼金は跳ね上がり、その他の待遇がかなり変わってくる。

(ちなみに初期メンバーなので僕も幹部)

 

・平桐くんの一日

次に平桐君の一日を追ってみる。(密着とまでは行かない)

「俺はこの地区で一番忙しいニート」と豪語する彼の生活はどのようなものなのか。

まず、彼の起床時間の9時半というのは僕ら社会人からしたら遅いが、起きて30分後にはもうすでにタスクに取り掛かっている。

 

そう、AM10:00という時間はちょうどパチンコ店が開店する時間帯。

彼は人海戦術で軍団のメンバーたちに整理券を引かせて、あらかじめ昨日の段階で目をつけていた台を数台確保したのち、役所や郵便局、銀行などでいろいろな用事を済ませる。

 

その後は自らも合流し、台を稼働する。

もちろんこんな生活を18歳から26歳までほとんど毎日繰り返している彼にとっては台をただ単純に稼働するだけという時間の使い方はしない。

 

台に座るなり、いきなりUSBケーブルを差し込み、ネットで売買をし始める。株取引や為替取引ではなく、単純にモノを仕入れて売り買いをする。まあ、転売とかがほとんど。アイコスやPSVR、バイクからピザポテトまで、かなり多岐に渡っている。さすがにスロット打ちながらダンベルで筋トレし始めた時にはびっくりしたけど(笑)

 

取引をしながら稼働すること約10時間ほど。休憩は取らない。

また、稼働していない時もあるが、店を周回し、いい台があれば移動したり他の店にいる軍団のメンバーの情報を元に配置し直したり、本当に余念がない

ようやく息をつくのは閉店時間前に店のデータを全て取り終えて、その日雇った人たちに謝礼金を支払って、近くのファミレスなんかに座った時。

その時に今日の収支の計算、店の台のデータ集計、イベントなどの情報収集(範囲は広い時で九州内)で行う。

 

そして帰宅し風呂に入ったり、他のタスクをしたりすること約2時間、ようやく就寝するのがAM5:00頃。こんな生活を基本的に休みなく行なっている。

 

もちろん本人が望んでやっているが、そいじゃそこらのブラック企業よりきついのではないだろうか?と思ってしまう。現にスロットを打ちながら1時間ぐらい爆睡して(あの店内の騒音も気にせずに)、店員に起こされる始末w

間違いなく過酷です

 

・平桐くんの収入

そんな気になる彼の収入はいくらなのか。

スロットでの収益、転売での収益、資産運用での収益が主な収益だ。

もちろん詳細はまでは知らないが、その生活ぶりで稼いでいることはわかる。

 

・新車一括でボンと買う。彼女にも買ってあげる。激しくぶつけたら修理でなく、また新しく新車で買い直す。

・ほぼ外食しかしない。以前一緒に仕事を手伝ったら焼肉に連れて行ってもらったが、3人で6〜7万ぐらいした(ごちそうさまでした)

・車に常に100万ぐらい積んでる。前、ビニール袋に入れていた小銭をみんなで数えたら40万ぐらいあった(感動したので財布の小銭を寄付した)

・家を2つ借りている。(かなり謎に包まれている部分w)

 ・いくつかの大手企業の株も保有している。(任天堂など)

 

・まとめ

以前、彼を始めてみた時、すごく怪しいやつだと思った。

僕はそれまで毎日3時間ぐらいサービス残業して、ボーナスほとんどもなく、昇給もなく、休みを削って渾身的に働いていたのに、ニートの彼は僕の1ヶ月の稼ぎを一日で稼いでしまうのでどんな裏の仕事をしているんだろうと思っていた。

 

けれど蓋を開けてみれば、体力的にも精神的にもきついことを自ら進んでやっているだけだった。

大きなリスクを背負い、年中無休でバカみたいに働き、頭を使って常に金になりそうなビジネスを模索している。

もちろん仕事をしていない、バイトをしているわけでもないのでニートだとは思うが、人を雇用し収益を上げている彼は社会のルールに縛られていないだけで、そいじゃそこらの実業家と似る部分があると思う。

 

そんな彼の言う「金が簡単に稼げるわけないよ。頭も使わなきゃいけないし、体も使わなきゃいけない。とにかく常にフル稼働(笑)」

と言うセリフ、ニートの口から出た言葉にしては異常に説得力があるのは間違いない。

 

ってここまで書いたけど、本当にニートといっていいのかな?(笑)