スロットの代打ちをかれこれ3年ほどやってきました。色々なことを晒します。〜その3〜

※この記事は前回の続きです。まだ読んでない方は下の記事から読むことをお勧めします。

 

 

fx-trader-takayuki.hatenablog.jp

 

 

fx-trader-takayuki.hatenablog.jp

 

 

スロットの代打ちでどれだけ稼げるのか

 

これは日本全国各地域にいるスロットの代打ちをしている人ごとにそれぞれバラバラだと思う。

店と提携しているサクラタイプの代打ちの人もいるだろうし、僕の大元は完全に個人で店からは逆に嫌われているタイプだ。

 

サクラタイプの代打ちは安定した時給制でもらっているorもしくは出玉の一部だろうか?知り合いにはサクラがいないのでわからないが、僕の大元に聞くとそんなシステムが多いらしい。

 

一方、僕のところはどうかというと、基本時給制。

一番最初の基準で1時間およそ700円ぐらい。

新台入れ替えなどのイベントでは1000円。

時々、グランドオープンといってお店の開業一日目などはお店も僕らも気合の入れ方が違う。朝から県外まで乗り合わせで遠征も行くし、時給も大元の平桐君(仮名)気分で跳ね上がったりする。

 

また、想定よりも多く出玉を出すとボーナスとして1000円単位で謝礼金を上乗せしてくれたり、滅多に見れない演出(フリーズ演出など)を引くと謝礼金も弾む。

 

僕は最高で一日20000円ぐらいもらったこともある。

上記の時給からしたらあまり考えられないかもしれないが、長い期間続けていると(僕は30人ぐらいのグループで2番目に長いw)、もらえる額が桁が変わってくる。

 

これに加えて、端数を切り上げてくれたり、飲み物も奢ってくれる。

時には昼食や晩御飯も連れていってくれるし、なかなか待遇はいいと思う。

そしてなによりスロットでの遊戯なので税金は引かれない。まるまる手取りでもらえるのだ。(そのためにしつこく謝礼金という表現をしています)

 

ただ、僕みたいにスロットを長い期間打ってきた人間でもきつい条件が一つある。

 

時間の拘束だ。

 

どれだけの時間拘束をされるかと思うと、

朝9時20分頃〜夜10時50分頃まで。トイレ、ご飯(昼のみ)以外の休憩はなし。

もう一度言うけど休憩はない

 

時間にして13時間30分、休憩なし!(大事なことなので3回言いますw)

 

これが後から入ってくる代打ち達が続かない理由だ。

だいたい5〜6回ぐらいくるともう来なくなる人が多い。特に若い連中。

 

スロットを打ってるだけでお金をもらえる。

そうやって聞くと楽して稼げるイメージだが、自分の好きな台が打てるわけでもなく、疲れても休憩は基本的に取れない。

長い時間休憩を取りたければ、もう後に他のメンバーが控えていることが多いのでそのまま帰宅という流れがほとんど。

 

なので、行けば必ず1万円以上もらえるかと言われればそうではなく、店全体で打てる台(勝てそうな台)がない場合はそのまま全員帰宅になるので1000円ちょっとしかもらえない時もある。

 

こうなると、稼げないと言うイメージがついてしまい、さらに継続することが難しい。

 

僕は今年からブログを始めて毎日更新どころか週に1回ぐらいしか投稿しない時もあったが、このスロットの代打ちは3年以上も続けている。

仕事終わり、休日の一部などを利用して家でゴロゴロする代わりにエネルギーが余っている時にはだいたい参加している。

 

きっかけは生活費が足りなくて始めたが、今では代打ちで得たお金で財布や洋服、iPadやMacbook、ダイソンなども買うことができ、他のお金は資産運用に回すなど余剰資金になっている。

 

はたから見れば、何も考えずにスロットをぶん回しているかと思うかもしれないが、慣れてくれば(まあ慣れなくても一日もすれば)、スマホを片手に一日稼働できる。

 

と、言うことはスマホで記事をストックしたり、為替のチェック、アナリストの展望、勉強に至るまで実に有意義に過ごせる。(ちなみに今のパチンコ屋さんは各台それぞれにUSBケーブルがついていると言う便利性の高さw)

体でお金を生みだしながら、頭でも知識やお金を生み出すこともできるのだ。

 

そう考えれば、意外とこのシステムも有意義に時間を過ごせると、僕は思っています。以外とみんなこのシステムに気づかずにやめてしまう。勿体無い。

 

 

代打ちネタはこれで最後にしようと思ったけど、まだまだネタはつきそうにないから、また代打ちに関する面白い話をまとめて記事にしようと思います。

 

ご購読ありがとうございました٩( ᐛ )و