読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで個人投資家は生き残れるのか?

兼業でfx市場に参加する、個人投資家の日々の記録です。

50pipsの含み損を抱えたまま挑む週明けのUSD/JPY

トレード結果と記録

みなさんおはようございます。FX-TraderのTakayukiです♪( ´▽`)

 

いきなりですが、今-50pips(-5000円)の含み損を抱えております(笑)

何がいけなかったのかってデイトレだったのに寝落ちしてしまったことですよ!

ありえないw

 

起きて第一声が「何これ?」だったのなんて小学生の時のクリスマスプレゼントが枕元に置いてあった時以来じゃないでしょうか?

50pipsは痛すぎる_:(´ཀ`」 ∠):

 

そんな明日から始まる週明けの値動きですが、

来週一週間の為替の展望としては予想レンジ、1ドル112.00〜117.00円ほどで推移すると見られているそうです。(提供:DZHフィナンシャルリサーチ)

 

 

 

 

〈トレーダーとしてのメンタル〉

含み損を抱えているとどうしても不安な気持ちと戦うことになります。また、含み益を持っている場合でも決済をどこでしようか、まだ上がるのではないかと考えることがあると思います。

 

もちろん僕もそのうちの一人です。まだ2ヶ月ちょっとのトレード歴ですから気持ちはいつでもブレブレですw

 

そんな中、相場で8年以上活躍している億越えトレーダーの動画(有名すぎてみなさん知ってるかもしれませんがw)を見てみると、

 

「入口と出口をしっかり決める。結果に達するまでのプロセスで一喜一憂していたらメンタルは保たない。」

 

と、発言されていました。また、そのほかにも

「一番簡単なのは実は利確と損切り。最初に入口(エントリー)と出口(利確or損切り)を決めているのだからルールに従えばいいだけ。」

 

一番簡単なことなのに多くの投資家はこれができない。これが1つの理由で日本人の投資家の90パーセントは負けているのではないかと思います。

 

もちろん僕も出来ていません(ルールがしっかり決まっていない)のでこのままでは負けてしまうでしょう。

 

しかし、手法が様々あり、自分も勉強しながら日々迷走していることも事実です。

 

一番簡単なことなのに、出来ないのはなんでなのかなと疑問に思いながら、今日もコメダ珈琲でこの記事を書いておりますw